2018-02-01から1ヶ月間の記事一覧

🏯9)10)─1─徳川家康は滅私奉公を日本の価値基準として強制した。~No.15No.16No.17No.18 @ 

徳川家に伝わる徳川四百年の内緒話 家康の仕事術 (文春文庫)作者:徳川 宗英出版社/メーカー: 文藝春秋発売日: 2011/12/06メディア: 文庫 ・ ・ ・ 関連ブログを6つ立ち上げる。プロフィールに情報。 ・ ・ {東山道・美濃国・百姓の次男・栗山正博}・ 「名…

🏯7)8)─1─徳川の平和は、日本の限界を知る徳川家康が築いた。~No.12No.13No.13No.14 @ 

天災から日本史を読みなおす - 先人に学ぶ防災 (中公新書)作者:磯田 道史出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 2014/11/21メディア: 新書 ・ ・ ・ 関連ブログを6つ立ち上げる。プロフィールに情報。 ・ ・ {東山道・美濃国・百姓の次男・栗山正博}・ 徳…

🏯45)46)─1─未調整、乱雑。徳川家康が作った閉鎖的封建社会。~No.85No.86No.87No.88 @ 

図解入門ビジネス最新食料問題の基本とカラクリがよ~くわかる本 (How‐nual Business Guide Book)作者:及川 忠出版社/メーカー: 秀和システム発売日: 2009/04/01メディア: 単行本 ・ ・ ・ 関連ブログを6つ立ち上げる。プロフィールに情報。 ・ ・ {東山道…

🕯153)154)─1─日本人の植物的死生観の古層は自然の棲み分けと再生という循環システム。~No.323No.324No.325No.326 @ 

日本人の死生観と葬儀作者:島田 裕巳出版社/メーカー: 海竜社発売日: 2016/05/01メディア: 単行本 ・ ・ ・ 関連ブログを6つ立ち上げる。プロフィールに情報。 ・ ・{東山道・美濃国・百姓の次男・栗山正博}・ 日本人は、農耕漁労民として植物的死生観を…

🕯101)─1─祖先霊・祖先神・氏神の人神崇拝とは永遠の命、生命の連続、命の継続、家族の絆。~No.219  

氏神事典 あなたの神さま・あなたの神社作者:戸矢 学河出書房新社Amazon ・ ・ ・ 関連ブログを6つ立ち上げる。プロフィールに情報。 ・ ・{東山道・美濃国・百姓の次男・栗山正博}・ 日本民族日本人は、必然ではなく、勢い、偶然、幸運で生きてきた。 ・…

🕯151)152)─1─誕生と死滅はワンセット。死を前に人は諦念に安住する。~No.319No.320No.321No.322 @

永遠の武士道―語り伝えたい日本人の生き方作者:多久 善郎出版社/メーカー: 明成社発売日: 2016/05メディア: 単行本 ・ ・ ・ 関連ブログを6つ立ち上げる。プロフィールに情報。 ・ ・{東山道・美濃国・百姓の次男・栗山正博}・ 日本民族日本人は、弱い人…

🌈25)─1─日本は大火や自然災害と付き合って生きていた。 〜No.49 @ 

読んで味わう古典落語の傑作101噺と見て愉しむ江戸の暮らし作者:河合 昌次U-CANAmazon ・ ・ ・ 関連ブログを6つ立ち上げる。プロフィールに情報。 ・ ・ {東山道・美濃国・百姓の次男・栗山正博}・ 江戸時代は、第107代後陽成天皇から第121代孝明…

🕯164)165)─1─日本の「諦め」とは、世界常識の失望と絶望で自暴自棄となって投げ出す事ではない。天才に努力で勝つ。~No.345No.346No.347No.348 @

人生を半分あきらめて生きる (幻冬舎新書)作者:諸富祥彦出版社/メーカー: 幻冬舎発売日: 2012/09/14メディア: Kindle版 ・ ・ ・ 関連ブログを6つ立ち上げる。プロフィールに情報。 ・ ・{東山道・美濃国・百姓の次男・栗山正博}・ 日本の諦めとは、楽観…

🕯162)─1─弱者の論理。弱者の生き残り戦略。弱い者の生き方。受動意識仮説。「生き延びるために生きている」。~No.341No.342 @

弱き者の生き方 (徳間文庫)作者:寛之, 五木,初重, 大塚徳間書店Amazon ・ ・ ・ 関連ブログを6つ立ち上げる。プロフィールに情報。 ・ ・{東山道・美濃国・百姓の次男・栗山正博}・ 生物の進化は、強者ではなく弱者の生き残りで起きていた。 そして、強者…

🕯147)─1─死後の世界はなく、死ねばすべてが消えて「無」くなるという科学的死生観。~No.311No.312 

私訳 歎異抄(たんにしょう) (PHP文庫)作者:五木 寛之PHP研究所Amazon ・ ・ ・ 関連ブログを6つ立ち上げる。プロフィールに情報。 ・ ・{東山道・美濃国・百姓の次男・栗山正博}・ 日本民族日本人とは、個性が薄く、自我意識が乏しく、いがみ合う事を嫌い…

🕯136)─1─死ぬ事だけが唯一の救いであった地獄の様な時代の生き方そして死に方。源信と『往生要集』。~No.291No.292 @ 

往生要集を読む (講談社学術文庫)作者:中村 元講談社Amazon ・ ・ ・ 関連ブログを6つ立ち上げる。プロフィールに情報。 ・ ・{東山道・美濃国・百姓の次男・栗山正博}・ ユーラシア大陸の東端、地の果て、その外側に浮かぶ激流に囲まれた絶海の日本列島…

🕯161)─1─鴨長明『方丈記』。もののあわれ。無常観。松尾芭蕉『野ざらし』。賽の河原。死と桜そして花見。~No.339 @ 

執らわれない心 日本人の生き方の原点に立ち返れ!作者:塩沼 亮潤PHP研究所Amazon ・ ・ ・ 関連ブログを6つ立ち上げる。プロフィールに情報。 ・ ・{東山道・美濃国・百姓の次男・栗山正博}・ 大滝秀治「健康と元気は別物」 ・ ・ ・ 人は見たいものを見…

🕯131)132)─1─醜女(しこめ)物語。立山の「おんばさま」信仰。川崎大師の「しょうづかの婆」崇拝。日本の女性観。~No.281No.282No.283No.284 ㉘

昔話の考古学―山姥と縄文の女神 (中公新書)作者:吉田 敦彦中央公論社Amazon ・ ・ ・ 関連ブログを6つ立ち上げる。プロフィールに情報。 ・ ・{東山道・美濃国・百姓の次男・栗山正博}・ 第14回 川崎大師の『婆』 女性たちが熱心に美顔を祈念する先には…

🕯144)─1─軸の時代・軸の思想から見た日本文明。それは独り生きて死に、そして滅びて消える定め。死を見詰める生き方。~No.305No.306 @ 

日本文明とは何か (角川ソフィア文庫)作者:山折 哲雄KADOKAWAAmazon ・ ・ ・ 関連ブログを6つ立ち上げる。プロフィールに情報。 ・ ・{東山道・美濃国・百姓の次男・栗山正博}・ 日本文明において。人は、大自然の中では個として孤独であり、小さな一個…

🕯108)─1─神社仏閣は商売上手。庶民は先祖代々の家の墓を持っていなかった。~No.231No.232 @ ㉒

未来のための江戸学 (小学館101新書 52)作者:田中 優子小学館Amazon ・ ・ ・ 関連ブログを6つ立ち上げる。プロフィールに情報。 ・ ・{東山道・美濃国・百姓の次男・栗山正博}・ 日本神道・神社は、現世の救済として、心の穢れを浄化してくれる。 日本仏…

🌏44)─1─明治維新は、イギリスの対ロシア戦略で起き、イギリスの協力で成功した。~No.144No.145No.146  

幕末維新を動かした8人の外国人作者:小島 英記発売日: 2016/01/15メディア: Kindle版 ・ ・ ・ プロフィールに、6つのブログを立ち上げる。 ↗ ・ ・ 【東山道・美濃国・百姓の次男・栗山正博】・ 明治から現代に至るまで、日本はイギリス・アメリカのアン…

🕯103)─2─日本式祖先供養・死者供養は賑やかに浮かれ騒ぐ事である。~No.224 @ 

先祖供養のしきたり (ベスト新書)作者:新谷 尚紀ベストセラーズAmazon ・ ・ ・ 関連ブログを6つ立ち上げる。プロフィールに情報。 ・ ・{東山道・美濃国・百姓の次男・栗山正博}・ 日本の先祖供養の花火大会、盆踊り、山車祭り、精霊流しなどは、中華の…

🕯103)─1─日本民族のローカル宗教とは先祖供養である。お彼岸。~No.223・ @

・ ・ ・ 関連ブログを6つ立ち上げる。プロフィールに情報。 ・ ・{東山道・美濃国・百姓の次男・栗山正博}・ 自然災害多発地帯に生まれた、日本神道。 ・ ・ ・ 日本民族のローカル宗教とは、祖先霊・精霊への敬虔な祈りであり、私利私欲なき無心な畏敬…

🕯129)130)─1─日本人女性は恐ろしい。女は死して幽霊・亡霊そして般若・夜叉・鬼女となる。~No.276No.277No.278No.279No.280 @ 

肉筆幽霊画の世界作者:安村 敏信出版社/メーカー: 新人物往来社発売日: 2013/03/01メディア: 単行本 ・ ・ ・ 関連ブログを6つ立ち上げる。プロフィールに情報。 ・ ・{東山道・美濃国・百姓の次男・栗山正博}・ 四谷怪談。 八百屋お七悲話。 ・ ・ ・ 心…

🌈13)─1─日本文化は停滞した老人文化で、大陸文化は躍進する若者文化である。老人文化における老いの信仰心。~No.25No.26 @

老人力 全一冊 (ちくま文庫)作者:赤瀬川 原平筑摩書房Amazon ・ ・ ・ 関連ブログを6つ立ち上げる。プロフィールに情報。 ・ ・ {東山道・美濃国・百姓の次男・栗山正博}・ 古田隆彦(現代社会研究所所長)「人口減少に見合った社会を作る事、つまり、成…

🕯128)─1─未熟な幼児的カワイイキャラクター文化。ハローキティ。オタク文化。~No.274No.275 @ ㉗

なぜ世界中が、ハローキティを愛するのか?――“カワイイ"を世界共通語にしたキャラクター作者:クリスティン・ヤノ作品社Amazon ・ ・ ・ 関連ブログを6つ立ち上げる。プロフィールに情報。 ・ ・{東山道・美濃国・百姓の次男・栗山正博}・ 何故、日本の文化…