⛩240)─1─自我意識・自己肯定感が弱い日本人は他人からの承認願望を渇望している。〜No.490/ *       

  ・   ・   ・   
 関連ブログを6つ立ち上げる。プロフィールに情報。
   ・   ・   【東山道美濃国・百姓の次男・栗山正博】・   
 日本人の心の衰退は、1995年3月17日の阪神淡路大震災から徐々に表面化した。
   ・   ・   ・   
 2019年4月11日号 週刊新潮「TVふうーん録  吉田潮
 犯罪加害者と犠牲者を生む『自己肯定感の低さ』
 自己肯定感の低い人が見事に取り込まれ、犯罪に利用されて人生を台無しにする様を、やたらと目にした1週間だった。なるほど、こうして言葉巧みに不安感や絶望を煽られて、オルグされて犯罪に加担していくのかとやるせない気持ちに。
 NHKスペシャル『詐欺師の子供』(3月23日放送)は振り込め詐欺の構図をドラマで再現。若者(しかも中高生)の射幸心や不公平感を騙し取ることを正当化して教え込む、手練れの犯罪者。捕まるのは若者で、首謀者はぼろ儲けを繰り返すという構図。過去15年で被害額は4,790億円、に慄(おのの)いた。
 自己肯定感が低いのは 中高生だけではない。ある女の孤独死し、猫数匹に遺体をあらされていた、という衝撃的なはじまりのドラマをある。WOWO『絶叫』だ。
 ……
 真面目な人ほど磨り減る業界。頑張っても成果を出せず、男の不埒な性欲に魂を削られ、貧困から抜け出せずに、もがき苦しむ尾野。ふと耳にした『棄民』なるパワーワードが彼女の人生を奈落の底へと導いていく。
 とにかく、自己肯定感の低い人は甘い言葉や小さな優しさにすこぶる弱い。褒められたり、認められた経験値が少ないと、あっという間に犯罪に利用される。
 疲弊、貧困、孤独を食い物にする非道な輩に怒りを覚えつつも、もしや自分も知らぬ間に加担していはいないか、と考えてしまった」
   ・   ・   ・    
 日本人は、精神的にひ弱で気弱である為に、中国人や朝鮮人その他の人びとに比べて自我意識も自己肯定感も低く、他人からの承認願望が強い。
 事に当たって、褒められ、励まされない、勇気付けられないと、何事においても行動できない。
 日本人は、甘え意識を捨てきれず、依存性が強く、自立心が低い。
   ・   ・   ・   
 昔の人は「人を見たら泥棒と思え」、人を信用するなと口が酸っぱくなるほど子供達に教えた。
   ・   ・   ・   
 親兄弟や子ども孫に至るまでの家族や心許せる信じた友人でさえ信用できない以上、他人はなおさら油断も隙もないと。
 身内での、介護放棄、介護殺人、育児放棄、乳幼児虐待死、遺産相続争い、陰惨な事件をあげれば切りがないし、その数は確実に増えている。
   ・   ・   ・   
 現代日本は、人を破壊し、人を食いものにする社会へと転がり落ちていき、少子高齢化による人口激減でその傾向は急速に進み、抜け出せない状況へと悪化していく。
 現代日本なのだから、将来の日本はなおさらである。
   ・   ・   ・   
 国家、政治・経済・外交・国防などを取り仕切る高学歴出身知的エリートは、下々の事など気にせず、嘘と詭弁、改竄と捏造で事勿れ主義と横並び、先送りで誤魔化している。
   ・   ・   ・